間質性肺炎の病態、診断、治療について

間質性肺炎の病態生理

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

間質性肺炎の概念

肺胞の壁を構成している間質に炎症が起きる疾患です。炎症が長期間にわたって起こると線維化し、肺線維症になります。

 

肺線維症
肺の組織が硬くなり委縮することで、正常な肺の機能を果たせなくなり、呼吸不全になる病態です。治療として、肺の炎症を抑えるためにステロイドを投与します。

 

 

間質性肺炎の成因

原因の多くが不明です。
一部わかっているものは、マイコプラズマ、サイトメガロウイルス、ニューモシスチス肺炎などによって起きます。また薬剤が原因となることもあり、ブレオマイシン、インターフェロン、アミオダロン、小柴胡湯、ゲフィチニブなどが知られています。

 

 

間質性肺炎の検査

炎症反応が起こっているため、赤血球沈降速度の亢進や、CRP(C反応性タンパク)陽性などがみられますが、特徴的なマーカーとしてKL-6(シアル化糖抗原)があります。
このKL-6はⅡ型肺胞上皮細胞や気管支腺細胞に発現しており、Ⅱ型肺胞上皮細胞に炎症が起きている場合に高値を示します。

 

検査項目

胸部X線
すりガラス状の陰影がみられる。

 

%肺活量
80%未満で拘束性換気障害と判断される。

 

シアル化糖抗原(KL-6)
特異的な抗原なのでしっかり覚えておきましょう。

 

 

間質性肺炎の治療

治療薬は、副腎皮質ステロイド薬が第一選択薬となります。(炎症が原因となっているので、ステロイドが使用できると考えましょう。)

 

このページで確認しておくことのまとめ

  • 間質性肺炎の概念
  • シアル化糖抗原(KL-6)

 

以上、間質性肺炎の病態生理についての説明でした。

 

少しでも役立つ情報であったならうれしいです。

 

以下に、呼吸器・胸部の疾患に関する疾患についての関連ページがありますので、気になる点は確認しておきましょう!

関連ページ一覧

 

病態生理を勉強するにあたって、皆さんはどのようにしているでし...

ここでは、私が勉強するにあたって意識していることを説明しなが...

肺気腫、慢性気管支炎の概念たばこの煙など有害物質を長期間吸い...

肺胞性肺炎の概念主に病原性微生物が肺の中に侵入し感染すること...

誤嚥性肺炎の概念誤嚥がきっかけとなり発症する肺炎です。高齢者...

間質性肺炎の概念肺胞の壁を構成している間質に炎症が起きる疾患...

インフルエンザの概念インフルエンザウイルスによる感染症で、毎...

肺癌の概念気管支、気管支腺、肺胞上皮から発生する悪性腫瘍です...

肺結核の概念ヒト型結核菌の飛沫核感染(空気感染)によって発症...

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link