急性膵炎、慢性膵炎の病態、診断、治療について

急性膵炎、慢性膵炎の病態生理

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

急性膵炎の概念

いろいろな原因で、膵臓内で産生されたトリプシノーゲンがトリプシンへと活性化することがきっかけとなり、さまざまな消化酵素が活性化し、膵臓が自己消化される病態です。

 

慢性膵炎の概念

アルコールの多飲や胆石などが原因となり、炎症が長年持続することによって、膵臓が不可逆的な線維化をきたした状態です。膵臓が働かなくなるため、消化吸収不良を起こしたり、インスリンが出ないため糖尿病になったりします。

 

 

膵炎の病因

膵炎発症の原因は、アルコールの多飲です。しかし、アルコールを多飲することでなぜ膵炎が起きるかのメカニズムについては、はっきりわかっていません。

 

他に胆石症である人や、特発性のものもあります。また、脂質異常症による高トリグリセリド血症も急性膵炎の危険因子です。男女比は2:1で男性に多く発症します。

 

 

膵炎の病態生理

膵臓から分泌されるトリプシノーゲンが膵臓内で活性化されてトリプシンとなります。これが膵臓から分泌される他の消化酵素(カリクレイノーゲン、プロエステラーゼ、プロホスホリパーゼA2など)を次々と活性化して、膵臓の自己消化が進行していきます。

 

 

膵炎の症状

上腹部痛(心窩部から背部にかけて)・嘔吐、発熱が出現します。

 

上腹部痛が特徴的で、仰臥位(仰向けになること)になれず膝胸位(胸に膝をつけるような体位のこと。しゃがみ込むような体勢)になると少し痛みが軽減します。

 

 

膵炎の検査・診断

血清、尿の膵型アミラーゼ上昇により診断を行います。

 

アミラーゼは、急性膵炎の診断的価値は高いですが、重症度との相関はないとされています。重症度の把握にはIL-6を用います。また、炎症の指標であるCRPの上昇や、赤沈亢進を認めます。

 

 

急性膵炎の治療

膵酵素の活性化によって生じているため、膵酵素の活性を抑えることが大切になります。したがって、食事などの刺激は膵酵素を分泌させる原因となるため、絶飲・絶食が基本となります

 

膵酵素活性の原因となっているタンパク分解酵素のトリプシンの活性を抑えるため、タンパク分解酵素阻害薬(ガベキサートなど)を投与します。
また、疼痛は激しく、持続するため、抗コリン薬や鎮痛薬を投与します。

 

タンパク分解酵素阻害薬(ガベキサート、ナファモスタット)
半減期が短いため、持続点滴静注する必要がある。

 

鎮痛薬(ペンタゾシン、ブプレノルフィン)
モルヒネはOddi括約筋を収縮することで、膵管内圧を上昇させ、膵炎を悪化させる可能性があるため、単独投与は禁忌です。

 

胃酸分泌抑制薬(ファモチジン、オメプラゾール)
胃酸の刺激は膵液分泌を促進するため、胃酸の分泌を抑制するため使用します。
急性膵炎では、絶飲・絶食が基本であるため、経口投与ではなく、静注投与で用います。

 

慢性膵炎の治療

膵臓の機能が残存している状態(代償期)で進行をくい止めることが重要となります。

 

食事療法(禁酒、過剰な脂肪摂取の禁止、少量の食事を分けて摂るなど)を中心に行います。

 

薬物療法として、代償期は膵炎の悪化防止、疼痛緩和を行います。非代償期になると、膵機能の補充とインスリンの補充などが行われます。

 

 

このページで確認しておくことのまとめ

  • 急性膵炎、慢性膵炎の概念
  • 急性膵炎の症状
  • 治療方法について

 

以上、急性膵炎、慢性膵炎の病態生理についての説明でした。

 

少しでも役立つ情報であったならうれしいです。

 

以下に、膵炎、胆石系に関する疾患についての関連ページがありますので、気になる点は確認しておきましょう!

関連ページ一覧

 

急性膵炎の概念いろいろな原因で、膵臓内で産生されたトリプシノ...

胆石症の概念胆石症とは、胆のうや胆管に胆汁成分の一部が析出し...

胆道感染症の概念胆のう、胆管の細菌感染による炎症性疾患です。...

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link