潰瘍性大腸炎(UC:ulcerative colitis)の病態、診断、治療について

潰瘍性大腸炎(UC:ulcerative colitis)の病態生理

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

概念

大腸にびらん・潰瘍を形成する原因不明で難治性の慢性大腸炎です。

 

厚生省の特定疾患(難病)に指定されています。若年者に好発し、下痢や血便を主な症状とする疾患であり、緩解と増悪を繰り返します。病変は直腸やS状結腸にはじまり、大腸全体に及びます。通常病変は直腸から口側へと連続していきます。

 

発症年齢は20歳代が最も多く、30~40歳代に続きますが、全年齢層で発症します。

 

 

症状

粘血便、下痢、腹痛が主な症状です。他に食欲不振、体重減少、発熱なども起こります。通常は緩徐に発症し、慢性的に経過していきますが、急激な経過を示すこともあります。

 

 

原因

原因は不明なところが多いですが、大腸粘膜での免疫機構の破綻と考えられています(自己免疫疾患)。

 

Tリンパ球や好中球、単球・マクロファージなどの炎症細胞が活性化されることで、サイトカインやケモカインなどの炎症性メディエーターが放出され、粘膜が傷害されます。免疫機構の破綻が起きる背景としては、遺伝的素因や環境因子(腸内細菌叢、食 習慣など)の関与が考えられています。

 

結腸・直腸に連続的な病変がみられ、その病変は全腸に及びます。病変は粘膜、粘膜下層に限られ浅いのがのが特徴です(クローン病は筋層に達するほど深い病変ができる)。

 

 

診断

粘血便の状態や大腸内視鏡検査、注腸X線検査などをします。

 

通常、持続性または反復性の粘血便などの特徴的な臨床所見と内視鏡の所見から診断されます。特異的な検査データはありません。

 

潰瘍性大腸炎の病態による分類
①病期による分類
②病変範囲による分類
直腸S状結腸型、直腸左側結腸型、直腸全結腸型、限局型に分けられます。
③重症度による分類

 

 

治療

潰瘍性大腸炎(UC)の治療の目標は、大腸の炎症を抑えて下痢や粘血便などの症状を緩和し、炎症の無い状態(緩解期)を長く維持することです。

 

 

治療薬

5-アミノサリチル酸関連薬

①サラゾスルファピリジン
腸内細菌によって5-アミノサリチル酸とスルファピリジンに分解されます。
潰瘍性大腸炎には5-アミノサリチル酸が、関節リウマチにはサラゾスルファピリジン自体が関与します。

 

②メサラジン(5-アミノサリチル酸)
エチルセルロースでコーティングされており、小腸・大腸で放出されるように設計されています。炎症細胞から放出される活性酸素を消去します。また、クローン病にも有効です。

 

 

ステロイド性抗炎症薬

プレドニゾロンなど

 

免疫抑制薬

タクロリムス、アザチオプリン、6-メルカプトプリン、シクロスポリンなど

 

抗TNFα抗体

インフリキシマブ、アダリムマブ

 

食事療法

活動期には腸管からの吸収が妨げられ、体力の消耗をきたすため、高エネルギーで高タンパク質な食事をした方がいいです。また、大腸を刺激するものは控えるようにしましょう(脂肪分が多いもの、アルコール、コーヒーなど)。

 

 

その他の治療法

血液成分除去療法

血液を体外循環させ、その間に特殊なフィルターを用いて、炎症の原因となる活性化している白血球を除去する治療法です。

 

顆粒球除去療法(略称:GMA、GCAP)

主に顆粒球と単球を吸着・除去する酢酸セルロース製のビーズが詰まったアダカラムというカラムを使用した治療法です。

 

白血球除去療法(略称:LCAP)

通過する白血球をほぼ全て除去するポリエチレンテレフタレート製の不織布が入ったセルソーバというカラムを使用した治療法です。

 

このページで確認しておくことのまとめ

  • 潰瘍性大腸炎(UC:ulcerative colitis)の概念
  • 潰瘍性大腸炎(UC:ulcerative colitis)の治療に用いられる薬剤

 

以上、潰瘍性大腸炎(UC:ulcerative colitis)についての説明でした。

 

少しでも役立つ情報であったならうれしいです。

 

以下に、消化器系疾患についての関連ページがありますので、気になる点は確認しておきましょう!

関連ページ一覧

 

食道炎(GERD)の概念食道炎とは、さまざまな刺激が原因とな...

胃炎(急性・慢性)の概念①急性胃炎急激に心窩部痛などの症状が...

概念胃潰瘍・ 十二指腸潰瘍とは、ヘリコバクターピロリ(Hel...

概念大腸にびらん・潰瘍を形成する原因不明で難治性の慢性大腸炎...

概念好発年齢は20歳代の若年者で、口腔にはじまり肛門にいたる...

胸やみぞおち、おなかのあたりに不快な症状があるにもかかわらず...

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link