食道炎(GERD)の病態、診断、治療について

食道炎(GERD)の病態生理

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

食道炎(GERD)の概念

食道炎とは、さまざまな刺激が原因となり、食道粘膜に炎症が生じる病態のことです。その原因としては、化学的刺激(酸やアルカリなど)、物理的刺激(熱、薬剤など)、感染性(細菌、ウイルスなど)などが挙げられます。

 

一般的に食道炎という場合は、酸性の胃内容物が食道へと逆流することにより生じる逆流性食道炎のことを言いますが、胃を切除した場合では、腸液(アルカリ)が逆流することによって起きる術後逆流性食道炎というのもあります。

 

 

食道炎(GERD)の症状

典型的な症状としては、胸やけがあります。
その他、つかえ感や物を飲みにくいなどの症状もあります。

 

 

食道炎(GERD)の診断方法

上部内視鏡検査によって診断可能です。

 

 

食道炎(GERD)の治療方法

GERD患者の治療の目的としては、症状のコントロールとQOL改善に加え、合併症の予防をすることになります。

 

GERDにより食事が摂れないなど、患者さんの低下したQOLは、酸の逆流を防ぐことによって改善します。

 

そこで使用される薬剤として、PPI(プロトンポンプ阻害薬)があります。PPIはGERD(食道炎)治療の第1選択薬です。なぜなら、逆流性食道炎の治りやすさ・症状改善の速さは、薬剤の酸分泌抑制力に依存するためです。そのため、酸分泌を強力に抑えるPPIを用いるのが、最も効果が高いのです。

 

このページで確認しておくことのまとめ

  • 食道炎(GERD)の概念
  • 食道炎(GERD)の治療に用いられる薬剤

 

以上、食道炎(GERD)についての説明でした。

 

少しでも役立つ情報であったならうれしいです。

 

以下に、消化器系疾患についての関連ページがありますので、気になる点は確認しておきましょう!

関連ページ一覧

 

食道炎(GERD)の概念食道炎とは、さまざまな刺激が原因とな...

胃炎(急性・慢性)の概念①急性胃炎急激に心窩部痛などの症状が...

概念胃潰瘍・ 十二指腸潰瘍とは、ヘリコバクターピロリ(Hel...

概念大腸にびらん・潰瘍を形成する原因不明で難治性の慢性大腸炎...

概念好発年齢は20歳代の若年者で、口腔にはじまり肛門にいたる...

胸やみぞおち、おなかのあたりに不快な症状があるにもかかわらず...

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link