悪性リンパ腫の病態、診断、治療について

悪性リンパ腫の病態生理

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

悪性リンパ腫の概念

B細胞、T細胞が腫瘍化し、増殖して腫瘤を形成します。主にリンパ組織に発生することが多いです。WHO分類では、ホジキンリンパ腫非ホジキンリンパ腫に分類されます。

 

悪性リンパ腫の症状

胸痛、腹痛、腹水、浮腫、神経症状などがあります。

 

悪性リンパ腫の治療

ホジキンリンパ腫は放射線感受性が高く、多剤併用療法と放射線療法を組み合わせるのが一般的です。

 

一方、非ホジキンリンパ腫では、リツキシマブ(R)と多剤併用療法(CHOP療法)を組み合わせたR-CHOP療法が標準的な治療です。

 

このページで確認しておくことのまとめ

  • 悪性リンパ腫の概念
  • ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫
  • R-CHOP療法

 

以上、多発性骨髄腫の病態生理についての説明でした。

 

少しでも役立つ情報であったならうれしいです。

 

以下に、血液系に関する疾患についての関連ページがありますので、気になる点は確認しておきましょう!

関連ページ一覧

 

白血病の概念白血球の悪性腫瘍性疾患のことを言います。造血系の...

概念形質細胞が腫瘍化することで起こる疾患です。骨髄でB細胞か...

悪性リンパ腫の概念B細胞、T細胞が腫瘍化し、増殖して腫瘤を形...

播種性血管内凝固症候群(DIC)の概念悪性腫瘍や急性前骨髄球...

血友病の概念X染色体の伴性劣性遺伝する先天性の血液凝固異常を...

特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の概念紫斑病とは、皮膚や粘...

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link