【薬学がわかる】食品衛生のための法規制、食品安全基本法・食品衛生法・JAS法について

食品衛生のための法規制、食品安全基本法・食品衛生法・JAS法について理解しよう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

食品安全基本法とは?

近年、牛肉の偽装問題や、牛海綿状脳症(BSE)など、食品の安全性を脅かす問題がいくつも発生しました。もともと、食品行政は厚生労働省と農林水産省が担当していたのですが、これらの食品問題に対してうまく連携が取れず、対処が遅れました。その結果、国民の食品に対する信頼が失われかけました。

 

この事件をきっかけに、食品行政を統一化して食品の安全性を科学的見地から評価し、その対策を総合的に行うことが重要であると認識されました。そこで食品安全基本法が制定され、この法律に基づいて、両省から独立してリスク評価を行う機関として、食品安全委員会を内閣府に設置しました。

 

リスク分析

リスク分析とは、食品に関するリスクを科学的に評価し、適切に管理するという考え方です。

 

リスク分析は以下の3つから成り立っています。

 

①リスク評価

内閣府の食品安全委員会が担当。
食品中に含まれる有害物質(添加物や農薬、微生物など)をどれくらい摂取することで、どれくらい人の健康に影響が出るかについて評価します。
例)一日許容摂取量(ADI)の設定など

 

②リスク管理

厚生労働省・農林水産省・消費者庁などが担当。
食品安全委員会が行ったリスク評価をもとに、農薬などの使用基準や残留基準を決定します。

 

③リスクコミュニケーション

食品の安全性を向上させるリスク評価、リスク管理について、消費者・食品関係者・行政機関の間で、それぞれ立場での意見や情報を交換します。

 

 

食品衛生法とは?

 飲食の安全性を確保するため、具体的な内容が決められているものです。

 

法律内容
「食品の安全性確保のために公衆衛生の見地から必要な規制その他の措置を講ずることにより、飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止し、もって国民の健康の保護を図ること」

 

主な内容
①農薬の残留基準(食品に残留する農薬等に関するポジティブリスト制度
HACCPシステムによる衛生管理
③食品への添加物、容器・包装の表示基準(アレルギー物質を含む食品の表示、期限表示(賞味期限、消費期限、虚偽広告・誇大広告の禁止)
④食中毒が発生した時の対応強化
⑤食品添加物の規格・基準(食品添加物公定書に収載)
⑥食品衛生監視員について

 

参考)消費期限と賞味期限の違いについて
消費期限とは、期限を過ぎたら食べない方がよいという意味です。
賞味期限とは、おいしく食べることができる期限のことです。つまり、期限が切れてもすぐに食べることができないわけではないという点において、消費期限とは違ってきます。ただし、この賞味期限は開封前という条件があるので、開封後は早めに食べてしまいましょう。

 

 

ポジティブリスト制度

食品中に含まれている農薬が、一定の量を超えている場合、その食品の販売を禁止するという制度です。

 

この制度では、農薬が残っていたという農作物に関して、残留基準や暫定基準が設定されています。また、残留基準や暫定基準が設定されていない農薬については、食品中に一定の基準(0.01ppm)を超えて残っていてはならないと設定されています。

 

 

参考)ポジティブリスト制度と農薬取締法
よく混同してしまうものに、農薬取締法があるので、ここでまとめておきます。
ポジティブリスト制度では、食品中に残っている農薬の濃度の基準を決めた制度です。

 

一方、農薬取締法は農薬自体を規制しています。毒性があるものについて使用を制限するために、農薬の登録制度が実施されています。食品中の農薬の濃度に関してなのか、農薬自体に関してなのかで違いがありますので、注意しましょう。

 

 

HACCP(ハサップ)とは?

食品の製造・加工工程の全て段階で発生するおそれのある、微生物汚染等の危害をあらかじめ分析(Hazard Analysis)します。その結果より、製造工程のどの段階でどのような対策をすればより安全な製品をつくることができるかを考えます。

 

そこで重要管理点(Critical Control Point)を決めて、これを常に監視することにより製品の安全を確保する衛生管理の手法です。

 

簡単に言うと、何らかの問題が起こりそうなポイントや製造過程の重要なポイントをしっかり確認しましょうということです。

 

 

食品関係の法規制まとめ

①食品安全基本法

食品関係者による食のリスク分析
例)食品安全委員会(内閣)が、リスク評価を行い、ADIなどを決める

 

②食品衛生法

食品自体を規制
例)表示:アレルギー
  製造:HACCP(全行程チェック)
  輸入:検疫
  その他:食中毒への対応など

 

③JAS法

品質に関する適正な表示を義務付ける
例)原産地(ブランド)の表示義務

 

以上、食品衛生のための法規制についての説明でした。

 

Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link

 

確認問題

問1
農作物に農薬残留基準が設定されているのは、「食品衛生法」に関係する

 

問2
生鮮食品において原産地の表示が義務付けられているのは、「農林物質の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)」に関係する

 

問3
食品中の残留農薬には、農薬取締法に基づいて残留基準が設定されている。

 

問4
食品中の残留農薬基準は、一日許容摂取量(ADI)を超えないように設定されている

 

問5
残留基準や暫定基準が設定されていない農薬については、食品中に0.01ppmを超えて存在してはならないとされている

 

問6
リスク分析の手法が、食品安全基本法の基本方針として取り入れられた

 

問7
食品安全委員会は、厚生労働省に置かれている

 

Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link

 

確認問題の答え

問1

 

問2

 

問3
✕:食品衛生法に基づいて残留農薬が設定されています

 

問4

 

問5

 

問6

 

問7
内閣府に置かれています

 

このページで確認しておくことのまとめ

  • 食品安全基本法の考え方について
  • リスク分析の3つの要素(リスク評価、リスク管理、リスクコミュニケーション)
  • ポジティブリスト制度について
  • HACCP(ハサップ)について
Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link

関連ページ一覧

食品の変質

食品の変質(腐敗と変敗)このページでは、食品の変質について見...

油脂

油脂成分を含む食品が酸素に触れることで酸化され、変敗が進んで...

法規制

食品安全基本法とは?近年、牛肉の偽装問題や、牛海綿状脳症(B...

特定保健用食品

特別用途食品 特別用途食品には、病者用食品、妊産婦・授乳婦用...

食物アレルギー

食物アレルギーはどのようにして起こるのか?私たちの体には、体...

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link