室内環境保全における注意点

室内環境保全における注意点

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

換気

室内の空気の換気・汚染の指標として二酸化炭素濃度が用いられます。息苦しさを感じると二酸化炭素が充満していることを示します。

 

例えば、エレベーターに閉じ込められた場合を考えてみます。みんなが息をして二酸化炭素を吐き出すために、どんどん二酸化炭素濃度が上昇していきます。通常、大気中の二酸化炭素濃度は0.03-0.04%のところ、二酸化炭素濃度が上昇し0.1%を超えると息苦しさを感じるようになります。
そのため、ビル管理法という法律において、基準として室内空気中の濃度が0.1%以下とされています。

 

必要換気量

定義は、室内の汚染物質の濃度(二酸化炭素)を許容濃度以下にするために必要な換気量のことです。

 

  V(m^3 / hr)= M / (Cs-C) × 100

 

  V : 必要換気量(m^3 / hr)
  M : 室内で発生する汚染物質排出量
  Cs : 許容濃度(%)→二酸化炭素で考えると0.1%
  C : 外気中または給気中の汚染物質濃度(%)→大気中の濃度のこと。二酸化炭素では0.03%

 

ここで、計算問題が出てくるのですが、注意してほしいことは「単位」です。
先ほどは「%」で考えたため最後に×100をしました。
しかし、この単位が「ppm」の場合、最後に×1,000,000(百万倍)します。
あと、単位変換として1m^3=1000Lであるということも知っておきましょう。(空気の量がm^3かLかのどちらかで質問されるため)

 

換気回数

定義は単位時間で置換される空気量を室内気積で除した値です。(1時間の間にその空気が何回置き換えられたかを示す回数)
例えば、ある部屋の必要換気量が1000(m3/hr)で、その部屋の空気の体積が500(m3)であった場合、換気回数は1000 / 500 = 2(回)となります。

 

このページで確認しておくことのまとめ

  • 必要換気量
  • 換気回数
Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link

関連ページ一覧

①気温アスマン通風乾湿計、普通の温度計などで測定します。アス...

換気室内の空気の換気・汚染の指標として二酸化炭素濃度が用いら...

シックハウス症候群最近の住宅などの建築物は、冷暖房の効率を上...

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link