水質汚濁の水域ごとの主な指標、測定法

水質汚濁の水域ごとの主な指標、測定法

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

水質汚濁指標

SS(浮遊物質)

水中に浮遊する有機性、無機性の物質です。プランクトンの死骸なども含まれます。

 

N-ヘキサン抽出物質含有量

海域の油汚染の指標

 

TOC(全有機炭素)

有機物による汚染の指標
水中に含まれている有機炭素を燃焼させて発生する二酸化炭素(CO2)を測定します。

 

DO(溶存酸素)

水に溶けている酸素の量(mg/L)をいいます。水中に有機物がたくさんあると、好気的微生物が増殖し、酸素をたくさん消費するようになるので、DOの値は低下します。

 

測定方法:ウインクラー法

試料の中に硫酸マンガン(MnSO4)とアルカリ性水溶液を加えると、水酸化マンガンMn(OH)2ができます。これと試料中の酸素が反応して亜マンガン酸となります。これを酸素固定といいます。
また、気温が上がると飽和DO値が下がります(理由は複雑なため覚えましょう)。

 

BOD(生物化学的酸素要求量)

水中の有機物が、好気性微生物によって分解される時に消費される酸素の量(mg/L)をいいます。有機物による汚染の指標として用いられ、有機物が多いとBOD値も大きくなります。
通常、20℃、5日間の暗所で好気性微生物によって消費されるDOの量を測定します。

 

前処理(測定)における注意点
①残留塩素が残っている場合、亜硫酸ナトリウムで還元処理します。煮沸処理は行わない(好気性微生物も死んでしまうため)。
②試料の水の中に、微生物がいない場合は、河川水などを植種します(好気的微生物がいないとBOD測定できない)。※植種:外から適当な微生物を含む水を加えること。
③DOは20℃で飽和状態であること(好気的微生物が働くために必要)。

 

COD(化学的酸素要求量)

水中の被酸化物、特に有機物が酸化剤によって酸化される際に消費される酸素の量(mg/L)をいいます。
BODと同じく、有機物による汚染の指標として用いられ、有機物が多いとCOD値も大きくなります。CODには測定の方法がいくつかあり、その方法の違いによってもCOD値は異なります。
※BODとCODの値は異なり、比例関係などもありません。
例えば、湖沼、海域では微生物が多すぎるため、BODでうまく測定できないため、CODを用います。

 

測定方法
ニクロム酸法(重クロム酸法):酸化法 大

Cl-の影響を受けるため、硫酸銀を加え影響を除く。

 

酸性高温過マンガン酸法:酸化法 中

Cl-の影響を受けるため、硝酸銀を加え影響を除く。
JIS(日本工業規格)では、COD測定をこの方法で求めている。

 

アルカリ性過マンガン酸法:酸化力 小

Cl-の影響を受けないため、海水の測定に適している

 

このページで確認しておくことのまとめ

  • 水質汚濁指標
  • DO(溶存酸素)
  • BOD(生物化学的酸素要求量)
  • COD(化学的酸素要求量)
Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link

関連ページ一覧

地球の水地球の表面の約70%は水で覆われています(陸:海=3...

沈殿、ろ過①緩速ろ過システム(普通沈殿+緩速ろ過) この方法...

これまでを復習すると、沈殿によって大きなごみを、ろ過によって...

塩素消毒を行うことによって、副生成物ができてきます。これが問...

①水道水質基準項目がたくさんありすべてを覚えることはできませ...

下水処理まずはじめに、下水処理の流れを見ていきましょう。下水...

水質汚濁に係る環境基準環境基本法による水質汚濁に係る環境基準...

水質汚濁指標SS(浮遊物質)水中に浮遊する有機性、無機性の物...

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link