水質汚濁防止のための法規制

水質汚濁防止のための法規制

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

水質汚濁に係る環境基準

環境基本法による水質汚濁に係る環境基準は、公共用水域(河川、湖沼、海域など)と地下水の水質について「人の健康の保護」と「生活環境の保全」を目的として定められています。

 

公共用水域の水質汚濁に係る環境基準

この基準の中には、「人の健康の保護」に関する項目(健康項目)と「生活環境の保全」に関する項目(生活環境項目)の2つがあります。

 

 

環境基本法の理念
環境基本法には二つの柱があることがポイントになります。

 

1つ目は人の健康の保護(健康項目)です。
2つ目は生活環境保全(生活環境項目)です。

 

もともと、この法律は2つの法律が合体してできたものです。
はじめに、水俣病などの公害が起こった時に、国民の健康を保護する必要があるとして公害対策基本法ができました。
その後、魚などの生活環境も守る必要があるとして自然環境基本法もできました。
しかし、この2つは似たような内容であったため、この2つを合体させて環境基本法という1つの法律になったのです。

 

「人の健康の保護」に関する項目(健康項目)  河川、湖沼、海域、地下水

水環境が汚染されることで、人の健康に影響を及ぼす可能性のある項目が選ばれています。これは、全国一律で全水域共通で基準値が設けられています。
覚えておくべき基準値としては、検出されないこととされている、全シアン、アルキル水銀、PCBです

 

 

生活環境の保全に関する項目(生活環境項目)  河川、湖沼、海域

動植物やその生息環境などを守ることを目的に河川、湖沼、海域に関して基準を設けています。

 

 

排水基準

水質汚濁防止法によって、公共用水域に排出される工場排水について排水基準を設けています。この基準を設けることで、工場から排出される健康に関わる有害物質の量を規制できるため、水質の汚濁を防止することができます。

 

この文章を初めて読んだときは、おそらく意味が分からなくなると思うので少しまとめておきます。

 

環境基準と排水基準について

まず確認しておきますが、環境基準の「人の健康の保護」に関する項目(健康項目)は、主に工場排についてみています。
そして排水基準とは、健康項目の環境基準(目標)を達成するために、工場が絶対に守らなければならないものを示しています。そのため、排水基準=規制基準とも呼ばれます。

 

ここで規制されているものに、水俣病の原因となったメチル水銀(アルキル水銀化合物)があり、絶対排水中に検出されてはいけないとされています。つまり、排水基準とは環境基準を達成するために、絶対に守らなければいけない基準ということです。

 

 

具体的な例を見ていきましょう。
排水基準ではシアンは1mg/Lが基準値となっています。そのため、工場はシアンを1mg/L以下になるようにして排水しなければなりません。
そして、工場がそれを守っていれば、シアンは川や海にある膨大な量の水で希釈されるため、海や川の水を検査したとしても、シアンは検出されません。もし、海や川でシアンが検出されたとすると、近隣のどこかの工場が大量に排出していることになるので、その周辺の工場はすべて閉鎖されます。

 

このように、環境基準を達成するために、絶対守らなければいけない基準が排水基準ということです。

 

排水基準がしっかり守られていたとしても、本当に海や川が安全であるかをチェックする必要があります。これの目標値を決めているのが環境基準です。

 

環境基準のまとめ

①人の健康保護(健康項目)→主に工場排水をみてる
検出されないこと:全シアン、アルキル水銀化合物、PCB
※全水域共通で設定(河川、湖沼、海域、地下水に適用)

 

②生活環境の保全(生活環境項目)→主に家庭排水をみてる
まず、はじめに確認ですが、家庭に対する排水基準はありません。
普通に考えればわかると思いますが、家で石鹸を大量に消費しようが、シャンプー、リンスを使おうが国から規制は受けませんよね。これは、工場が排水しているような難分解性のものではなく、比較的分解されやすいものであるため、こういった基準がないのです。しかし、魚などの生物にとっては良くないものであるため、どの程度水が汚れているのかチェックする必要があります。それが生活環境保全に関する内容です。

 

チェックされるのは決められた物質ではなく、漠然とした汚れをチェックしていきます(DO、BOD、CODなど)。
指標は水域別で異なります。(河川、湖沼、海域に適用  地下水は×)
水生生物保全を含む(全亜鉛、ノニルフェノール、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩)

 

このページで確認しておくことのまとめ

  • 環境基準
  • 「人の健康の保護」と「生活環境の保全」
  • 排水基準
Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link

関連ページ一覧

地球の水地球の表面の約70%は水で覆われています(陸:海=3...

沈殿、ろ過①緩速ろ過システム(普通沈殿+緩速ろ過) この方法...

これまでを復習すると、沈殿によって大きなごみを、ろ過によって...

塩素消毒を行うことによって、副生成物ができてきます。これが問...

①水道水質基準項目がたくさんありすべてを覚えることはできませ...

下水処理まずはじめに、下水処理の流れを見ていきましょう。下水...

水質汚濁に係る環境基準環境基本法による水質汚濁に係る環境基準...

水質汚濁指標SS(浮遊物質)水中に浮遊する有機性、無機性の物...

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link