【薬学がわかる】三大栄養素とは?

三大栄養素とは?糖質、タンパク質、脂質の食事と体内に含まれる栄養素の組成の違いについて理解しよう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

栄養素とは?~単なるエネルギー源ではありません~

ヒトの生命活動にはエネルギーが不可欠です。運動するときだけでなく、体成分の合成、消化・吸収、転送、物質の透過、体温の維持などに必要なエネルギーを得るために食物を摂取しなければなりません。

 

食物に含まれる有用成分を栄養素といいます。人は必ずしもバランスのとれた食事をしているとは限らず、栄養が偏った食事をしてしまうこともあります。そのため、栄養を過剰に摂取したり、欠乏したりしてしまい、そこから病気を発症してしまうことも少なくありません。

 

不適切な栄養素の摂取が続くと、健康でない状態が続き、最終的には病気になってしまいます。したがって、栄養素を単にエネルギー源として捉えるのではなく、ヒトの健康を支配する成分の一つとして捉える必要があります。

 

Sponsored Link

 

三大栄養素について

栄養素には、主なものとして、糖質、タンパク質、脂質があり、これを三大栄養素といいます。

 

また、エネルギー源としては利用されませんが、生体の様々な反応・生理機能を調節するためにはビタミン、無機質(ミネラル)が必要で、これらを加えたものを五大栄養素といいます。

 

ポイント
・三大栄養素:糖質、タンパク質、脂質
・五大栄養素:三大栄養素+ビタミン、無機質(ミネラル)

 

※食事と体内に含まれる栄養素の組成
三大栄養素、ビタミン、ミネラル

 

上の図を見ながら確認してください。 

 

食事に含まれる栄養素の組成と、ヒト体内の平均的な組成は大きく異なってきます。
生体では主に脂質、タンパク質、無機質で構成されていて、食事の脂質、タンパク質が生体成分としてよく利用されていることがわかります。食品には無機質は少ないですが、生体では骨などの組織に蓄積し、生体の主要な成分となっています。

 

一方、糖質は食品の主要な成分でありますが、生体の主な構成成分ではありません。これは、糖質が生体成分として利用されるよりも、エネルギー源として利用されていることを示していると考えられます。

 

豆知識

第一に燃えるのは糖質で、20分以上歩くなどしてから脂質が燃え始めます。タンパク質が燃えるのは病的なときだけです。
例として、病気の時はふくらはぎの筋肉が落ちてくるなどがあります。

 

このページで確認しておくことのまとめ

  • 三大栄養素と五大栄養素について
  • 食事と体内に含まれる栄養素の組成の違いについて
Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link

関連ページ一覧

三大栄養素

栄養素とは?~単なるエネルギー源ではありません~ヒトの生命活動にはエネルギーが不可欠です。運動するときだけでなく、体成分の合成、消化・吸収、転送、物質の透過、体温の維持などに必要なエネルギーを得るために食物を摂取しなければなりません。食物に含まれる有用成分を栄養素といいます。人は必ずしもバランスのと...

ビタミン

ビタミンとはどういったもの?ビタミンとは、生体内の代謝が正常に機能するために必要な微量物質で、生体内では合成できないか、できても量が不十分であるため、食事から摂取しなければならない有機化合物の総称です。ビタミンには、大きく分けて2種類あります。①脂溶性ビタミン脂肪と共に小腸で吸収され、主に肝臓や脂肪...

ミネラル

無機質(ミネラル)人体を構成している元素のうち、C、H、O、Nだけで全体の96%を占めており、これらを主要元素といいます。また、体内に10g以上存在し、1日に100mg以上必要とされる元素7種類を準主要元素といいます。一方、生体に微量に存在している元素で、イオン化傾向が大きく、生体内でイオンとして存...

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link