生物濃縮 (化学物質が生体内に蓄積すること)

生物濃縮 (化学物質が生体内に蓄積すること)

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

生物濃縮とは、生物が生存するために必要な物質を選択的に取り込み、濃縮して利用する機能を言います。つまり物質の生物体内濃度は環境中の濃度より高くなります。

 

濃縮係数

濃縮係数が1より大きいほど、生物濃縮を受けやすいという意味になります。

 

 ある物質の濃縮係数 = その物質の生体内濃度/その物質の環境濃度

 

分配係数

ある物質の脂溶性の程度を表します。物質の分配係数と濃縮係数との間には高い相関(正の相関)がみられます。これは単純に脂溶性の物質ほど、体内に吸収されやすいためと考えればいいと思います。

 

  分配係数 = n-オクタノール / 水

 

濃縮経路

環境中の物質が濃縮される経路には二つあります。

 

直接濃縮:呼吸や体表面からの吸収によって取り込まれるもの
間接濃縮:食物の摂取によるもの (食物連鎖など)

 

このページで確認しておくことのまとめ

  • 濃縮係数
  • 分配係数
  • 濃縮経路
Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link

関連ページ一覧

地球

地球の構造について46億年前、小天体同士が衝突・合体(ビック...

生態系

生物的環境を構成する生物は、生産者、消費者、分解者の三つに分...

オゾン層

オゾン層破壊オゾン層は、太陽光に含まれる短波長の有害紫外線(...

地球温暖化

太陽から発せられる光は、主に可視光線です。その可視光線の多く...

生物濃縮とは、生物が生存するために必要な物質を選択的に取り込...

有機ハロゲン化含物炭素とハロゲン元素の結合の安定性が高く、酸...

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link