廃棄物の種類

廃棄物の種類

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

廃棄物は、一般の家庭からでる一般廃棄物と、事業活動によって発生する産業廃棄物に分けられます。

 

産業廃棄物(処理の責任:排出事業者)

事業活動によって出た廃棄物のうち、金属くず、ガラスくず、ゴムくずなど20品目のことをいいます。排出量が最も多いのは、汚泥です。

 

一般廃棄物(処理の責任:各市町村)

一般廃棄物の廃棄物の中でも、事業系一般廃棄物というものがあります。これには、先ほど説明した産業廃棄物の20種以外の事業活動によって出たごみが入ります。

 

ですので、「事業活動で出たごみはすべて産業廃棄物である」と聞かれた場合、答えは×です。一般廃棄物にもあるよということを知っておいてください。また、一般廃棄物には、家庭廃棄物もあります(家庭などから出るごみ、し尿など)。

 

感染性廃棄物というものがあり、これは医療機関などから出た廃棄物です。特別管理一般廃棄物あるいは特別管理産業廃棄物として取り扱われます。

 

特別管理一般廃棄物

一般廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性その他人の健康または生活環境に係る被害を生ずるおそれがあるものを言います。産業廃棄物の20種以外の廃棄物です。そのため、金属くず、ガラスくず、ゴムくず以外のその他と覚えればいいと思います。
例)医療機関から出た血液が付着したガーゼ、脱脂綿など

 

特別管理産業廃棄物

産業廃棄物の20種のうち、爆発性、毒性、感染性その他人の健康または生活環境に係る被害を生ずるおそれがあるものを言います。この20種類を覚えればいいのですが、それは難しいと思いますので、最低3つ覚えておいてほしいものがあります。金属くず、ガラスくず、ゴムくずです。
例)アンプル(ガラスくず)、使用済みの注射針(金属くず)、血液の付着したゴム手袋(ゴムくず)

 

このページで確認しておくことのまとめ

  • 産業廃棄物
  • 一般廃棄物
Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link

関連ページ一覧

廃棄物は、一般の家庭からでる一般廃棄物と、事業活動によって発...

昔に作られたごみの最終処分場は、法整備される前につくられてい...

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link