生体膜透過機構についてのまとめ(生体膜の構造、単純拡散、特殊輸送、促進拡散、能動輸送、膜動輸送)

生体膜透過機構についてのまとめ(生体膜の構造、単純拡散、特殊輸送、促進拡散、能動輸送、膜動輸送)記事一覧

生体膜とは、どのようなものなのか。イメージをつかむようにしましょう。生体膜は、原形質に接し、厚さ50-100Åの表面膜で、原形質膜とも呼ばれています。その構造は、リン脂質を主成分とする脂質二重層の中に、膜タンパク(内在タンパク質)が埋め込まれている形をしています。また、適度な流動性をもっており、脂質...

膜の両側に物質の濃度差があるとき、その濃度勾配に従って物質が移動する現象のことを言います。濃度勾配に従っているだけなので、単純拡散(受動輸送)ではエネルギーを必要としません。薬物の脂溶性によって透過率が変わってきます。また、単純拡散機構で輸送される薬物の透過速度は、一般にFickの法則に従います。d...

特殊輸送は、促進拡散、能動輸送、膜動輸送の3つに分けられます。それぞれについて見ていきましょう。促進拡散水溶性物質の中には、輸送体と複合体を形成することで脂溶性を上げ、細胞の脂質膜に溶け込めるようになります。そして、膜中を濃度勾配に従った拡散により輸送されるものがあります。これが促進拡散です。促進拡...

腸管の表面付近には、非撹拌水層と呼ばれる水の層があると考えられています。この層があることによって、薬物の吸収に影響を及ぼす可能性があります。例えば、薬物が小腸から吸収される際、脂溶性が高いほど吸収率が良いと考えられます。しかし、その前に非拡散水層を通過するところで大きな影響を受けます。(脂溶性が高い...

Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link