食中毒について(細菌性・ウイルス性食中毒と自然毒のまとめ)

食中毒について(細菌性・ウイルス性食中毒と自然毒のまとめ)記事一覧

食中毒

食中毒の種類①細菌性・ウイルス性食中毒②自然毒食中毒③化学物質による食中毒④その他(アレルギー様食中毒)に分けられます。食中毒の発生状況細菌性の食中毒は寒い季節には少なく、暖かくなる4月ごろから多くなり、7月から9月にかけての夏場に最高期を迎えます。逆に、ウイルス性は、ノロウイルスなど11月から3月...

動物性自然毒についてフグ毒有毒成分・テトロドトキシン・フグ毒の毒量を表す単位には、マウスユニット(MU)を用います。(1MU:体重20gのマウスを30分間死亡させる毒量のこと)特徴・加熱しても毒素は分解しない・毒素自体は海洋微生物が産生しており、食物連鎖によってフグの体内にテトロドトキシンが蓄積しま...

Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link