薬物の分布過程

薬物の分布過程記事一覧

体外からの吸収を経て、全身循環血液中に移行した薬物は、血流により体内の各組織に運搬されます。血液中に存在する薬物の一部は、血管から組織内に移行し、さらに一部の薬物分子は細胞内に入っていきます。このように、薬物が血液中から組織内へと移行する現象を「分布」といいます。薬物の薬理作用は、その薬物が標的作用...

薬物と血漿タンパクの結合は、水素結合、疎水性相互作用、イオン結合、ファンデルワールス力など様々な力が関与しています。主な血漿タンパクとしては、アルブミンやα1-酸性糖タンパクなどがあります。アルブミンについて血漿タンパク質の中で、最も多く含まれているのがアルブミンです。アルブミンは非常に多くの薬物と...

血漿タンパクと薬物との結合は、極めて速い可逆反応をしています。タンパク質と薬物との結合は、以下のように表すことができます。  結合定数 K = [ 結合型薬物DP ] / [ 非結合型薬物 Df ] × [ 遊離タンパク質Pf ]この結合定数は、薬物と血漿タンパク質との結合の親和性の目安であり、この...

Langmuirの吸着等温式まずはじめに、Langmuirの単吸着モデルについて考えていきます。前提条件として①吸着媒体表面に有限の数の結合サイトSがあるとする。②結合サイトSにリガンドLが吸着したものをSLとする。③会合平衡定数をKとすると、吸着平衡ではそれぞれのモル濃度について以下の平衡式が成立...

Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link