地球環境と生態系

地球環境と生態系記事一覧

地球

地球の構造について46億年前、小天体同士が衝突・合体(ビックバン)することで「原始地球」が創られました。ここで奇跡的に水蒸気ができ、雲が地球を取り囲んで、雨が降り、生命が誕生しました。また、雨が降ることで海ができ、海中にはストロマトライト(化学合成細菌であるシアノバクテリアが作る構造)があり、その表...

生態系

生物的環境を構成する生物は、生産者、消費者、分解者の三つに分けられます。生産者 (植物、植物プランクトン):独立栄養生物役割としては、無機物を有磯物に変えるもの(主に光合成を利用する)のことをいいます。参考)無機物とは、C(炭素)を含まないもの(Cが少ないもの)。有機物とは、Cを含むもの。(例:糖、...

オゾン層

オゾン層破壊オゾン層は、太陽光に含まれる短波長の有害紫外線(約310nm以下)の大部分を選択的に吸収しています。そのため、地球上の生物は有害紫外線から守られているのです。一方、一部のフロンは、成層圏にまで達し紫外線による分解を受けます。そのとき、塩素ラジカルが発生し、その塩素ラジカルがオゾン層を破壊...

地球温暖化

太陽から発せられる光は、主に可視光線です。その可視光線の多くは地面で吸収され、大部分が赤外線(熱)となって放出されます。この逃げていく熱を吸収し、大気中に閉じこめているガスを温室効果ガスといます。そして、このガスが熱を吸収し地球を温める現象を温室効果と呼びます。温室効果ガス種類二酸化炭素(C02)、...

生物濃縮とは、生物が生存するために必要な物質を選択的に取り込み、濃縮して利用する機能を言います。つまり物質の生物体内濃度は環境中の濃度より高くなります。濃縮係数濃縮係数が1より大きいほど、生物濃縮を受けやすいという意味になります。 ある物質の濃縮係数 = その物質の生体内濃度/その物質の環境濃度分配...

有機ハロゲン化含物炭素とハロゲン元素の結合の安定性が高く、酸化されにくく難分解性のものが多いです。DDTなどの有機塩素系農薬、ポリ塩化ビフェニル(PCB)などがあります。トリクロロエチレン、テトラクロロエチレンは、ハイテク産業(金属、精密機械部品)の洗浄剤として用いられていました。しかし、地下水汚染...

Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link