化学物質の代謝、代謝的活性化(ADME、第Ⅰ相反応、第Ⅱ相反応)

化学物質の代謝、代謝的活性化(ADME、第Ⅰ相反応、第Ⅱ相反応)記事一覧

異物

まず初めに、異物が消化管などから血中に入ります(吸収)。次に、吸収された異物は各組織に運ばれていきます(分布)。体内に取り込まれた異物を外に出すために水溶性を上げます(代謝)。最後にその代謝物は尿や胆汁などから体の外へ出されます(排泄)。このような流れで、吸収、分布、代謝、排泄が行われていきます。つ...

シトクロムP450

まず初めに確認しておきますが、シトクロムP450は酵素です。意外とシトクロムP450って何ですかと聞いても、酵素だとわかっていない人が多いので、まずはそれを知っておきましょう。シトクロムP450ってどんな酵素?シトクロムP450とは、異物に酸素原子を1つくっつける働きがある酵素であるということ。酵素...

抱合反応

第Ⅰ相反応では酸化、還元、加水分解によって少し水溶性を上げました。第Ⅱ相反応では、それに水がくっつく(抱合反応)ことでさらに水溶性を上げていきます。このときくっつく水のことを供与体といい、できた物質を抱合体といいます。この後にそれぞれの抱合反応を見ていきますが、その前に前知識としてまとめておきます。...

Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link