膵炎・胆石の病態生理(急性膵炎、慢性膵炎、胆石、胆道感染症など)

膵炎・胆石の病態生理(急性膵炎、慢性膵炎、胆石、胆道感染症など)記事一覧

急性膵炎の概念いろいろな原因で、膵臓内で産生されたトリプシノーゲンがトリプシンへと活性化することがきっかけとなり、さまざまな消化酵素が活性化し、膵臓が自己消化される病態です。慢性膵炎の概念アルコールの多飲や胆石などが原因となり、炎症が長年持続することによって、膵臓が不可逆的な線維化をきたした状態です...

胆石症の概念胆石症とは、胆のうや胆管に胆汁成分の一部が析出し、結石が形成された状態を言います。 胆石症は、コレステロール結石であることが多いです。胆石症の成因胆石症は、結石の成分の違いによりコレステロール結石とビリルビンカルシウム結石に大きく分類されます。コレステロール結石日本での胆石症の70~90...

胆道感染症の概念胆のう、胆管の細菌感染による炎症性疾患です。炎症の起きる場所の違いによって胆のう炎と胆管炎に区別されます。胆道感染症の成因一般的に大腸菌感染が原因となります。これに胆管の狭窄や胆石による閉塞などで、胆汁うっ滞が加わると起こりやすくなります(胆汁中で細菌が繁殖しやすくなるため)。感染経...

Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link