肝疾患の病態生理(急性A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎、劇症肝炎、肝硬変など)

 

肝疾患の病態生理(急性A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎、劇症肝炎、肝硬変など)記事一覧

肝臓の機能まずはじめに、肝臓とはどのような臓器であるか見ていきましょう。肝臓は、人の臓器の中で最大の臓器であり、多くの物質の代謝に関わっています。ひとつの例として、お酒(アルコール)の代謝があります。お酒を飲むと酔った状態になります。これは、アルコールが体や脳に影響を与えているためです。そのアルコー...

ウイルス性肝炎が起きるメカニズム肝炎・肝硬変の病態を見ていく前に、ウイルス性肝炎が起きるメカニズムについて知っておきましょう。肝炎ってどうやって炎症が起きる?って聞くとウイルスが肝細胞を直接攻撃して肝炎が起きるのだと勘違いされている方がいますが、そうではありません。実は、自身の細胞が肝細胞を攻撃して...

概念それでは、急性A型肝炎について見ていきます。A型肝炎ウイルス(HAV)は経口感染(糞便感染)で、HAVに汚染された食物(カキなど)を摂取することにより感染します。潜伏期間があり、約1ヶ月で発症します。参考)糞便感染:ウイルスが胆汁排泄され糞便中に出るため、それが感染源となる。病態次に、体の中でど...

概念次に、B型肝炎(急性 / 慢性)について見ていきます。B型肝炎ウイルス(HBv)の感染によって生じる肝炎です。母子感染は、HBVの持続感染(キャリア化)の主な原因となっており、注意が必要です。潜伏期間は60~160日間です。B型肝炎ウイルスの特徴B型肝炎ウイルスの特徴について見ていきます。HBv...

概念C型肝炎ウイルス(HCv)に感染することで生じる肝炎です。主に血液を介して感染します。症状はA型、B型に比べると比較的軽症にとどまり、約30%は無症状です。一方、後の70%で高率に慢性化するのが特徴で、肝硬変、肝癌へと移行します(最も慢性化しやすい)。C型肝炎が約20年続くと、8割が肝癌を発症し...

劇症肝炎の概念肝細胞が広汎な壊死によって、急速に肝萎縮、黄疸、出血傾向などの肝不全症状が現れる病態のことを言います。診断基準では「肝炎症状発現後、8週間以内に高度の肝障害に基づいて肝性昏睡Ⅱ度以上の脳症をきたし 、プロトンビン時間40%以下を示すもの」と定義されています。劇症肝炎の原因原因の約90%...

肝硬変の概念肝臓の持続的な炎症によって、肝細胞壊死と再生が繰り返し起こった結果、肝臓の線維化が進行した状態です。線維化した結果、肝機能が失われ肝臓内部の血流や胆汁の流れに支障をきたします。肝硬変の原因C型肝炎ウイルス感染が最も多く、次にB型肝炎ウイルス感染やアルコール性肝炎なども原因となります。肝硬...

Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link